コンクリートを着色する方法

着色されたコンクリートは、家の配色を結び付けるのに最適な方法かもしれません。 屋内のコンクリート、階段、完成した私道に最適です。 どのような状況でも、コンクリートの染料や染みはほとんどのホームセンター、金物店、またはコンクリート用品店で購入できます。 一体型染料は、 ミキサーのコンクリート だから、注いだとき、それは1つの一貫した色です。 コンクリートの汚れをコンクリートの表面にブラッシングして、色を変えます。

一体型染料の使用

一体型染料の使用
染料を普通紙の袋に移します。 一体型染料は通常、特定の量のコンクリート(立方ヤードなど)用にあらかじめ計量された容器に分けられます。 染料をより簡単かつ完全に分配するには、コンテナから普通の紙袋に移します。 上部を閉じたり閉じたりすることで、染料がバッグから漏れるのを防ぎます。 [1]
  • 容器から直接ミキサーに染料を注ぐことは困難で、染料が失われる可能性があります。 紙の袋に入ったら、紙とセメントが溶けるので、袋と染料を一緒にミキサーに入れます。
  • 汚染を制限するには、インクが入った紙袋の使用を避けます。 可能性は低いですが、ラベルまたはレタリングからのインクは、一体型染料の色をわずかに変える可能性があります。
一体型染料の使用
コンクリートの一貫性を確認してください。 コンクリートに大量の染料を追加する場合、これは特に重要です。 染料はコンクリートを濃くする可能性があるため、染料を入れる前にミキサーにもう少し水を追加することをお勧めします。 [2]
  • 染料を追加する前に、コンクリートのコンシステンシーを可能な限り完璧にするようにしてください。 染料を追加したら、水を追加しないでください。 水を追加すると、コンクリートの色が著しく明るくなります。[3] X研究ソース
一体型染料の使用
染料バッグをコンクリートミキサーに挿入します。 コンクリートミキサーを最高速度に設定し、内部の染料バッグを投げます。 染料は、ミキサー内で最大混合速度で約15分間、またはミキサーの約130回転の間、コンクリートと一緒に分散する必要があります。 [4]
  • 染料の混合が完了すると、コンクリートをフォームに注ぐ準備が整います。 コンクリートのバッチ全体を一貫して1つの一貫した色に染色する必要があります。
  • コンクリートを注ぐときは、大きな紙袋に注意してください。 まれですが、バッグの一部が溶けないことがあります。 これらの断片を釣り出して捨てるだけです。[5] X研究ソース
一体型染料の使用
雨天時の染色は避けてください。 一体的に染色されたコンクリートを注ぐ前に、天気予報を確認してください。 完了する前に水がその表面にかかる場合 硬化 、色が薄くなったり、変化することがあります。 完全に硬化する前に染色されたコンクリートを覆うと、最終的な色が大幅に変わる可能性があります。 [6]

コンクリートの染色

コンクリートの染色
コンクリートの表面を完全に清掃します。 コンクリートに染みを付けて封じた後も、欠陥や汚れは見えます。 コンクリートを染色する前に、接着剤、ほこり、はげ落ちたペンキ、および汚れをすべて徹底的に洗浄して取り除く必要があります。 [7]
  • コンクリートが新しいものを注いだり、比較的きれいな場合は、水でよくすすぐだけで十分です。 軽い汚れは通常、デッキブラシ、中性石鹸、水で洗浄できます。
  • 頑固な汚れやグリースは、多くの従来のクリーナーに耐性があります。 他のすべてが失敗した場合は、デッキブラシ付きの脱脂剤を少し使用して、難しい傷を取り除きます。
  • 新たに注がれたコンクリートは、一般的に、染みを付ける前に完全に硬化する必要があります。 消耗品を無駄にしないように、注ぐ前に少なくとも20日間待ってから染色してください。[8] X研究ソース
コンクリートの染色
床モール、ドア、壁をテープで保護します。 汚れがコンクリートを着色するのと同じように、床のモールディングやドアや壁の底に付着すると、家のこれらの部分も着色します。 コンクリートが家の他の部分と接触するすべての端を慎重にテープではがします。 [9]
  • テーピングするときは、オーバーラップするセグメントを使用して、汚れがテープジョブの亀裂を見つける可能性を減らします。
コンクリートの染色
必要に応じて、染色を好みの色合いに希釈します。 ほとんどの場合、染みの色を薄めて色合いを調整できます。 染色の各ブランドは異なるため、色を正しく希釈するためにラベルの指示に従う必要があります。
  • 色合いが適切だと思ったら、絵筆を使ってコンクリートの見えないところに小さな汚れをつけます。これにより、塗り付けたときの外観がよくわかります。[10] X研究ソース
コンクリートの染色
コンクリートに染みをつけます。 ほとんどの種類のコンクリートステインでは、塗布する前にホースでコンクリートを軽く湿らせる必要があります。 次に、一端から反対側に向かって作業し、汚れをコンクリートの上に均一な層で塗ります。
  • 汚れが酸ベースの場合、火傷から身を守るために、ラテックスの手袋と安全メガネを着用する必要があります。
  • 作業を速くするには、噴霧器を使用します。 ただし、ほとんどのコンクリートの汚れは酸をベースにしているため、噴霧器を酸に耐えられるプラスチックで作る必要があります。[11] X研究ソース
  • コンクリートに染みを付けるときは、コーナーとエッジに細心の注意を払ってください。 汚れはこれらの領域に不均一に集まる傾向があります。[12] X研究ソース
コンクリートの染色
汚れを乾かします。 ブランドと色はそれぞれ異なるため、汚れのラベルを確認して、乾燥に必要な時間を判断する必要があります。 ほとんどの汚れは約15〜20分で手で乾きますが、完全に硬化するには24時間かかります。
  • 汚れが乾くのに通常より時間がかかっているように見える場合は、温度や湿度などの環境要因が原因である可能性があります。[13] X研究ソース
コンクリートの染色
2番目のコートを使用して、色の強度を向上させます。 最初のアプリケーションに想定したポップ感がまったくない場合は、数時間待ってからプロセスを繰り返します。 一般に、コートを塗るたびに、色がさらに鮮やかになります。 [14]
コンクリートの染色
必要に応じて汚れをすすぎ、中和します。 染みが乾いて硬化したら、水がきれいになるまでコンクリートの表面を水ですすぎます。 すすぎは水ベースの汚れに必要なすべてですが、酸塩基は重曹と水で不活性化する必要があります。
  • 酸ベースの汚れのラベルには、中和剤の理想的な比率と塗布方法が記載されている必要があります。[15] X研究ソース
  • 必要に応じてデッキブラシをきれいにすすぎ、すすぎと中和の際にそれを使用してコンクリートを軽く磨きます。 これは頑固な残留物をほぐすのに役立ちます。 X研究ソース
コンクリートの染色
密閉する 汚れ。 床が汚れたので、ペイントローラーを使ってシーラーを均等に塗ります。 最初の層が乾燥したら、2番目の層を追加して耐久性を向上させ、汚れたコンクリートの色あせを防ぐことを検討してください。 [17]
  • ほとんどの屋内コンクリートは、ワックスベースの製品で密閉されています。 屋外や交通量の多い場所では、エポキシやウレタンなどのより強力なシーラントが役立つ場合があります。[18] X研究ソース
コンクリートミキサーのような重機を操作するときは常に注意してください。 このような構築ツールを不適切に使用すると、けがや物的損害を引き起こす可能性があります。
communitybaptistkenosha.org © 2021